トップページ > 事業内容 > 海洋掘削事業 > 新規建造、アップグレード等プロジェクト

新規建造、アップグレード等プロジェクト

Our Business

プロジェクトエンジニアリング

海洋掘削コントラクターとして掘削リグの競争力を維持するためには、船体システムおよび掘削システムの保全、アップグレードが必要となります。
また、客先からの新たな要求を満足するために最先端のテクノロジーやノウハウを導入・搭載した掘削リグの新規建造も視野に入れておく必要があります。
当社は、新規建造掘削リグの案件に関連して、船体、主要搭載設備等の基本仕様に係る企画、調査、研究、計画、設計、評価、監理等のエンジニアリング業務を行うとともに、既存の掘削リグの船体システム及び掘削システムのアップグレード工事に係る大型案件の企画・マネージメント支援業務を実施しております。個別のシステム・機器にとどまらず、トータルなパッケージコンセプトを最新の技術レベルで提供しています。

新規建造

  • 新造ジャッキアップリグ「AL-KHOR」建造のプロジェクトマネージメント業務(2004-2006年)
  • 新造ジャッキアップリグ「HAKURYU-10」建造業務(2005-2008年)
  • 新造ジャッキアップリグ「HAKURYU-11」建造業務(2011年-2013年)

もっと詳しく見る

アップグレード工事

  • セミサブリグ「NAGA 1」の延命工事の調査研究・基本設計の実施(2003年)
  • セミサブリグ「HAKURYU-5」のDeepdish工事の調査研究(2005-2007年)および工事の実施(2008年)
  • 中古セミサブリグの水深5,000ft対応への改造工事の調査研究・基本設計の実施(2007-2009年)
  • セミサブリグ「NAGA 1」のDeepdish工事+付加価値工事開始(2011年-2012年)

(注)Deepdish工事(右図)

Deepdishと呼ばれる一体型構造物(右図の赤色部分)をセミサブマーシブル型海洋掘削装置の船体底部に装着する工事。本工事により、船体全体の剛性を向上させることで疲労に対する寿命を増加させることが可能となります。他の工事方法に比較して、工事期間の短縮、工事コストの削減が期待できます。

もっと詳しく見る

エンジニアリング

  • 新造ドリルシップの建造業務へのエンジニアリング業務支援(韓国)(2006, 2008-2011年)
  • 新造セミサブリグの建造業務へのエンジニアリング業務支援(中東)(2009年)